« バララットーオーストラリア | トップページ | お母さんのための英会話(2) »

前置詞を教えよう(2)

用意するもの:  ボール または 風船

           部屋の中にあるものを利用

T は先生   S は生徒

over   と  under  を教えましょう

アクションでover ( ~の上を、~を超えて ) と 

under ( ~の下に、~の下を ) を見せましょう。

                         Over
Under Holdover

   

 

 

  

  

  

 

 ボールまたは風船を用意します。

  S は一列に並んでボールを上にover と言いながら

  次の人にパスします。 under と言いながら足の間

  から次の人にパスします。 

  人数が多い場合には2チーム作って、どちらが早く

  言いながらパスできたか競います。

  人数が少ない場合には一人がover/underを言って

  もう一人が、言われたとおりにパスします。

  

 部屋の中のものを使います。

  イスや机があればその下をくぐります。

  T: Go under the chair. (desk )

   バッグ、クッション、カードの上をジャンプします。

  T: Jump over the bag. ( card, cushion )

  部屋の中に色々置いて、over, under の動作を

 繰り返します。

 人数が多ければ、障害物競争にします。

 二人で手を組んで(ロンドンブリッジの要領で)他の

 人たちがその下をくぐってもいいですね。
 

  

Img_0013_1_2   
 Dennis's      PHRASE OF THE DAY

 ( 英会話G-KIDS 箕面小野原教室のデニス先生の今日の一言)       

  (You can )  Keep it!  (それあげるよ!) 

    ( それ持っていていいよ。の意味で使います。 )

Keep quiet! は静かにしなさい!というときに使います。
               

ランキングに参加しています。

下記のマークたちクリックお願いしまーす。

 
 
 にほんブログ村 英語ブログへ ら
 
          P
<AA HREF人気ブログランキングへ</A>

Banner2_2
人気ブログランキングへ</A>

気ブグランキングへ

Copyright(C)2008 G-KIDS. All Rights Reserved

|

« バララットーオーストラリア | トップページ | お母さんのための英会話(2) »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前置詞を教えよう(2):

« バララットーオーストラリア | トップページ | お母さんのための英会話(2) »