« フォニックスー文を読もう(i-5) | トップページ | 英語カリキュラムの作り方 (2 ) »

英語カリキュラムの作り方 (1)

 

思えば、英会話のカリキュラム、レッスンプランを作り始めてからもう

20ン年になります。

最初は個人や少人数のグループ対象のものでした。

次は英会話学校の中で、1.5歳から大人までの5人~15人まで

を対象にしたカリキュラム。

そして、保育園、幼稚園、小学校対象のカリキュラム。

  

もちろん教科書を使うのが一番簡単ではありますが、英会話を習う

状況は様々で、講師(日本人、ネイティブスピーカー他)、

時間(週1時間~数時間)、クラス数(レベル、年齢)などで内容、

進度は異なってきます。

そこで3グループに分けて、カリキュラム作りのポイントを書いて

みました。

  

ここでのカリキュラムとは年間プログラム、(3歳児から

小学校6年生までを対象)です。

カリキュラム作りは人数、総人数、レベルによって異なってきます。

  

カリキュラム作りのポイント

 人数ー各クラスの人数

     1~3人の場合 - (自宅で子供に教えたり、プライベート

         形式などで同じ生徒だけを教える場合)年間プログラ

                   ムよりは長期カリキュラムを作成し、生徒のレベルに

                   応じて進めていきます。

     1~10人の場合 - (英会話教室など、生徒に変動が

                   ある場合)

         年齢別でクラス編成をします。3歳~6歳(幼稚園児

                    対象年齢)、小学校(低学年)、小学校(高学年)を

                    基本とし、その中で細分化。

         各年齢別を3レベルとし、年間プログラムを9段階

                    作ります。

     10人以上の場合 - (保育園、幼稚園、小学校など)

         学年別の年間プログラムを作成します。

         ただし、この場合、初年度(英会話レッスン開始時)

                    は全員同じ内容となるので、完全なプログラム移行

         はレベル分だけ同じ年数がかかります。(例えば幼

         稚園3レベルの場合、1年目は年少、年中、年長、

         同じ内容。2年目年中、年長が同じ内容。3年目に

         初めて3レベル)

総人数 - 総生徒数(英会話教室の場合)

     総人数が多い場合は必然的にレベルも多くなります。

     例えば、小学校1年生対象クラスだけで3クラスある場合、

     レベルの分け方には色々ありますが、多くは習っている年数

     (レベルチェックをする場合もありますが)で分けることとなり

     ます。

     総人数が少ない場合はクラス内でレベルを作る必要があり

     ます。総人数が少ないということはクラスサイズも大きくない

     場合が多いので、会話では講師が生徒に応じて内容を変え

     ます。

レベル - 人数、総人数に応じて作成

     英会話のレベルは個人差があるのと、達成度が計れない

     ものなので、たとえ「本を1~5まで終えました。」や「5年

     習っています。」 と言っても、「ので、ここまで話せるように

     なりました。」と言えるものではありません。

     また、3歳児が「英語で1~100まで英語で言えます。」=

     「英語を話せる」ということでもありません。

     家庭で毎日英語で接したり、週に何時間かレッスンを受けた

     りできる環境の場合は別ですが、週1回のレッスンであれ

     ば、基本を繰り返しながら(異なる方法で)、内容をビルド

     アップして行く方法が一番有効的だと思います。

     

     

  

 この3つのポイントから年間プログラムを作成します。

 次回はその内容です。

   

 

194

191

フラッシュカード無料ダウンロードお勧めサイト

  「えいごばたけ http://eigobatake.x0.com/index.htm

  

 「えいごばたけ」さんのABCを探せシリーズです。

  

  

                          

英会話教室の

G-KIDS箕面市小野原・茨木市美穂ヶ丘教室、

Gimme-5吹田市佐井寺教室、

ドナルド英会話の茨木市彩都・神戸市御影教室

では秋の無料体験レッスンを実施中です。

お問い合わせは

箕面・小野原072-622-7606 

吹田・神戸06-7504-7076までそれぞれお願いいたします。

                           

  

    

Kicx17171_2             George's      PHRASE OF THE DAY

  ( 英会話G-KIDS 箕面市小野原英会話教室、Gimme5吹田市佐井寺英会話教室ジョージ先生の今日の一言)

          http://www.g-english.net      

 It's time for bed.   (もう寝る時間だよ。)

     ( 子供にもう寝なさい。というときに使います。

Tuck a child in bed.  で、子供を寝かしつけるの意味になります。

   

                  

ランキングに参加しています。

下記のマークたちクリック、よろしくお願いしまーす。 

にほんブログ村 英語ブログへ

        P
<AA HREF人気ブログランキングへ</A>

Banner2_2
人気ブログランキングへ</A>

気ブグランキングへ

Thank you so much!! 

Copyright(C)2008 G-KIDS. All Rights Reserved

 

|

« フォニックスー文を読もう(i-5) | トップページ | 英語カリキュラムの作り方 (2 ) »

英語」カテゴリの記事

コメント

いつも「えいごばたけ」の教材を利用・紹介していただいて本当にありがとうございます。
いつもコチラのブログをありがたく拝見しております。
なにかご要望があれば最優先で検討させていただきますので、アイデアなどあればメールを下さい。
本当にありがとうございます。
        「えいごばたけ」小川 礼揚

投稿: えいごばたけ | 2008年9月24日 (水) 04時19分

いえいえ。こちらこそ、勝手に載せさせてもらってます。英会話を教え始めたころは絵カードを自分で作ったものです。今でも学校の教材、半分は手作りで、カードを下書き、コピー、色塗り、パウチの工程で手間ひまかかる上に下手ときてるので、大変です。そんな思いをしている教室さんも多いはず。
なので「えいごばたけ」さんには、感謝です。

要望なんて聞かれたら、うれしくなってしまいますが、「反対語」なんてどうでしょう?
それとビンゴゲーム。普段は線だけのページで直接書いて使ってますが、イベント時にはDLTKさんのを使ってます。
両方詳細別便にて送ります。

投稿: リーブ | 2008年9月24日 (水) 07時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英語カリキュラムの作り方 (1):

« フォニックスー文を読もう(i-5) | トップページ | 英語カリキュラムの作り方 (2 ) »