« Christmas-クリスマスのクラフト(3)  無料ダウンロード編 | トップページ | Christmas-クリスマスのローストチキン »

Christmas-クリスマスケーキ     スコットランドのフルーツケーキ

  Christmas Cake

毎年スコットランド出身のジョージ先生はスコットランドの

フルーツケーキを焼いて私たちにプレゼントしてくれます。 

私の友人たちにも、とっても好評なので今回は、

そのレシピとそれにまつわる話を聞いてみました。 

Fruitcake_1 Fruitcake_2  Fruitcake_3           

  

  

  

Fruitcakes

    フルーツケーキ

      First of all, a little history.....    The earliest mention of fruitcakes is in Roman times, about 2000 ago. They carried it on long journeys as it kept without spoiling for a long time and provided them with energy. In the 1400s the fruitcake became popular in Europe, especially in Britain, when dried fruit first arrived from the Mediterranean lands. Early in the 18th century however many European governments banned the fruitcake as being "sinfully rich", allowing them to be eaten only on special occasions. This may be the reason why fruitcakes are associated with holidays and special days, Christmas, Easter, Weddings, Christenings etc. Traditional wedding cakes and Christmas cakes in Britain and many other countries are still, to this day, fruitcakes.
         Fruitcakes are "survivors." Not only have they survived from Roman times but the cake itself will last for a long time. In fact, if properly made, they will improve with age. This is due to the sugar content which reduces the water content and deters bacteria, tannins contained in the fruit (as with wine), and the alcohol. But remember, they don't last for ever!  I've kept one of mine for a year and it tasted great. There are of course hundreds of different types of fruitcakes, from dark to light. The recipe below is a type known as "Dundee Cake," Dundee being a city in Scotland, this cake uses whisky.

  まずは少し歴史から。。。 初めてフルーツケーキが登場したのは約2000年前のローマ時代です。 そのまま変わることなく長い期間伝えられエネルギーが蓄えられました。 1400年代にドライフルーツが地中海の地から運びこまれるようになると英国を中心としたヨーロッパで普及しました。 しかしながら18世紀の初めには「あまりに贅沢」ということでヨーロッパの政府はフルーツケーキを禁止し、特別の日のみ食べることを許されるようになりました。 フルーツケーキがクリスマス、イースター、結婚式、洗礼式などの祝日や特別な日と連想されるようになったのは、これが理由かもしれません。 英国や多くの国にとって、伝統的なウェディングケーキやクリスマスケーキは、こんにちも、フルーツケーキなのです。
    フルーツケーキは「サバイバー」です。 ローマ時代を生き残っただけでなく、ケーキそのものもとても長持ちします。 実際、もし正しく作られたなら年数とともに良くなります。これは糖分が水分を減少させ、フルーツ(ワインを含んだ)とアルコールから細菌とタンニンを防止するからです。 でも永遠には持ちませんのでご注意! 私は1年ほど寝かしましたが、とてもおいしかったです。 もちろん種類は濃いものから軽いものまで何百種類もあります。 下記のレシピは「ダンディーケーキ」と呼ばれるスコットランドのダンディー市にちなんだウィスキーを使ったケーキです。

  

  

Christmas_cake

  Scottish Whisky Dundee Cake 

     

  

           

ingredients:

175g currants                                                               

225g flour

175g sultanas                                                             

1 tsp baking powder
110g glace cherries, rinsed, dried and halved                  

2 level tbs ground almonds
75g mixed peel  grated rind of small orange
3 tbs whisky grated rind of small lemon 
150g butter                                                                

110g blanched almonds (if using)
150 g soft brown sugar                                                 

3 1/2 tbs whisky (for "feeding")
3 large eggs 
               directions:

You must begin the night before by mixing the dried fruit and the peel in a bowl with the 3 tbs of whisky. Cover and leave till the next day.

PREHEAT oven to 170c
                               
Put the butter (at room temperature) and sugar in a bowl and beat until light and creamy. Whisk the eggs in another bowl and then little by little beat them into the creamed butter and sugar. Next, using a large spoon carefully "fold" in the sifted flour and baking powder. The mixture needs to be of  "dropping consistency" which means it should fall off the spoon slowly, after a few seconds. If it seems a bit dry add a tablespoon of milk. (I always need milk.) Next fold in the ground almonds and then the fruit mixture. Now spoon the mixture into a round  (20cm) greased and lined cake tin. Smooth the top of the mixture with a spoon and arrange the blanched almonds on top. (if using) Bake the cake in the middle of the oven for 2 or 2 1/2 hours until it's firm and springy to the touch. Cool for 30minutes in the tin before removing to a wire rack to cool completely. To "feed" the cake make small holes in the top and bottom and brush or spoon the 3 1/2 tbs of whisky onto the cake. To store the cake I wrap it completely in greaseproof paper, then in foil, and then in plastic wrap and store it in a cool place. Enjoy!

  All ingredient can be bought here:-  http://www.kk-awajiya.com/JHC/shounan/shounan-top/shounan-top.html 
                                                    George

材料

カラント(スグリ)  175g

小麦粉        225g

サルタナス(種無し乾しぶどう)  175g 

ベーキングパウダー 小さじ 1

砂糖漬けチェリー         110g 

   (洗って、乾かし、半分にしたもの)

アーモンドパウダー  大さじ 2

すりおろした小オレンジの皮のミックス 75g

すりおろした小レモンの皮(ウィスキー漬け) 

                   大さじ 3

バター        150g

湯通ししたアーモンド (お好みで)  110g

三温糖        150g

ウィスキー ( 「補給のため」 ) 大さじ3 1/2

卵   大 3個

 作り方

作る日の前の晩にすりおろした皮、ドライフルーツを

、ウィスキー大さじ3とボールで混ぜ合わせます。

ラップをかけ、一晩置きます。

オーブンを170℃に暖めます。

バター(室温で)と三温糖をボールに入れ、スムースなクリーム状になるまで、かき混ぜます。 

別のボールで卵を泡たて、少しずつクリーム状にしたバターと砂糖の中に混ぜ入れていきます。 

次に大きなスプーンを使って気をつけながら、ふるいにかけた小麦粉とベーキングパウダーを折り入れます。 ミックスは スプーンから数秒後にゆっくり落ちる程度の「落ちる濃度」にする必要があります。 少し乾いた感じがするようならミルクを大さじ1足してください。(私はいつもミルクが必要です。) 

次にアーモンドパウダーを混ぜ入れ、ミックスしたフルーツを混ぜいれます。 

混ぜ合わせたミックスを20cmの油を塗ったケーキの焼き型にスプーンで入れます。 表面をスプーンで滑らかにし、上に湯通ししたアーモンドを飾ります。 (任意) 

ケーキをオーブンの真ん中に置き、触ってしっかり、弾力があるようになるまで2時間から2時間半焼きます。 

型の中で30分冷ましてからワイヤーラックに乗せ完全に冷まします。 ケーキを「補給」するにはケーキの上と下に小さな穴を開けブラシかスプーンを使って大さじ3 1/2のウィスキーをケーキにかけます。 ケーキを保存するには耐油紙に完全に包み、それをアルミホイルで包みビニール袋に入れて涼しいところに置いています。

楽しんでください!

すべての材料はここで購入することができます。

http://www.kk-awajiya.com/JHC/shounan/shounan-top/shounan-top.html

               

                                                 ジョージ

  

  

Img_0013_1_2

Dennis's PHRASE OF THE DAY

 ( 英会話G-KIDS 箕面市小野原英会話教室・Gimme5 吹田市佐井寺英会話教室デニス先生の今日の一言)  

                          http://www.g-english.net

   

   

Give me a piece of cake.

  (ケーキを一切れちょうだい。 

     (ケーキ一切れはa piece of のほかに a slice ofも使います。)   

 

混ぜるには色々言い方がありますが、

stir the coffee  コーヒーをかき混ぜる

toss the salad  サラダをかき混ぜる

beat the egg   卵をよくかき混ぜる

whisk eggs with a fork. フォークで卵をかき混ぜる

等などあります。

      

 

ランキングに参加しています。

下記のマークたちクリックお願いしまーす。

 
 
 にほんブログ村 英語ブログへ ら
 
          P
<AA HREF人気ブログランキングへ</A>

Banner2_2
人気ブログランキングへ</A>

気ブグランキングへ

Thank you so much!! 

G-KIDS

  箕面市小野原英会話教室

     お知らせ  

     2.5歳半~3歳のクラスが新規開講。

  茨木市美穂ヶ丘英会話教室

Gimme-5

  吹田市佐井寺英会話教室

ドナルド英会話

  茨木市彩都英会話教室

  神戸市御影英会話教室

では秋の無料体験レッスンを実施中です。

お問い合わせは

箕面・茨木072-622-7606 

吹田・神戸06-7504-7076までそれぞれお願いいたします

  

Copyright(C)2008 G-KIDS. All Rights Reserved

                      

|

« Christmas-クリスマスのクラフト(3)  無料ダウンロード編 | トップページ | Christmas-クリスマスのローストチキン »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Christmas-クリスマスケーキ     スコットランドのフルーツケーキ:

« Christmas-クリスマスのクラフト(3)  無料ダウンロード編 | トップページ | Christmas-クリスマスのローストチキン »