« 教材をそろえよう (2) | トップページ | 冬のクラフトを作ろう »

英語の学び方ー英語と英会話

先日、高校では英語で英語を教えると発表がありましたが、なかなか賛否両論があるようですね。 英語圏で英語教育とは" The 4 Skills of Language Learning "と言われています。 4スキルとは読む、書く、話す、聞くを意味するのですが、この4つを均等に学んでこそ、英語教育が成り立つというものです。

Img_0617_2 ちょっと見づらいですが

こんな感じです。

 

 

英語圏意外で「 英語を学ぶにはどこから始めますか? 」と聞くと、ほとんどの国の人たちはspeaking ( 話す )とlistening (聞く )と答えるそうです。 ( 各国の街頭インタビューでも文法はともかく英語で答えている人たちをよく目にしますよね。 )

英語圏においても、もちろん子供たちは聞くと話すから始めるわけで、得に英語ではspelling(つづり)が難しいと言われているので、書くことが最後となります。

日本では、この難しいとされている読む書くことから英語教育に入るわけで、話す聞くが後回しになってしまい、上記の4つの丸がイビツになってしまいます。

 

英会話ができる人すべてが本を読めたり文章を書けるわけではなく、同じように文法が完璧だから話せるわけではありません。  なので、英語と英会話は同じではなく、英会話で話す・聞くの2つのスキルを学び、英語で読む・書くの2つのスキルを学ぶことによって初めてバランスの良い4つの丸ができあがることとなります。

私の個人的意見ですが、高校で英語を使って英語を教えるのではなく、小学校で英会話の話す聞く(一部読み書きで発音重視)を始め、中学校では引き続き話す聞くに50%、読む書くに50%、高校で読む書くを重点的にするほうが良いのではないかと思います。

 

時々取り上げているフォニックスもその方法の一つです。

フォニックス

6cdd4032f3425b44

 

 

 

 

  

wikepediaの説明では、子音のr と l がむつかしい国は日本、中国、韓国、タイ、b と v はスペイン、日本、韓国。  母音が難しいのはスペイン、日本、アラブ諸国。 二重母音は日本。 と発音上、日本はすべての分野で登場します。 英語は日本語にない「音」だらけということですね。

フォニックスでは書くことも入ってきますが、文章を意味がわかって書くということではなく、聞いた音をつづるということになります。 大きくわけると、子音、短母音、長母音、二重母音、その他、になりますが、英語の60%はこのフォニックスにより成り立つとされています。

http://g-kids17.cocolog-nifty.com/blog/2008/08/index.html (8/20のフォニックスを教えよう)

会話

よく生徒の保護者の方に「子供が家で何を言っているのかわからないのですが。。。」と聞かれます。 これは例えば学校で " What is your name ?"とそのままの発音で学んだ場合、先生の真似をしている子供たちの " whachua name ? " と違ってくるからですが、この聞いたままに発音することが、とても大切になってきます。 

初めて英語に触れる年齢が早ければ早いほど、発音やイントネーションは自然に身に付き、この段階では文法がこうだからとか、つづりがこうだからとか考えながら話しているわけではありません。 もちろんどれだけ英語に触れる時間があるかでも異なってきますが、考えずに口に出るようになる第一歩だと思います。

余談ですが、私は海外(英語圏外)に行く際、とりあえず1ヶ月本は開かずひたすらCDを車で聞いてから行くのですが結構役立ちます。 指さしだと読んでくれない人も多いので身振り手振りにワンポイントの発音が有効みたいです。

 

ヒアリング

これは以前から生徒の保護者に聞かれるたびに、家でビデオを観ることをお勧めしています。 子供は何度も同じアニメや映画を観るので自然と耳に入っていくようです。 これはちょっと我が子で実証済み?です。

 

学校教育では小学校での英語教育が今の所まちまちであったり、時間的に多くとれない場合が多いようですが、英会話学校の場合50分~90分授業のところが多く、3歳位からのクラス編成が一般的なので中学生になるまでにはかなりの内容がカバーできることとなります。 但し、年齢にそぐわない内容を覚えても仕方ないことなので、年齢が低ければ低いほど発音、会話重視にします。  段階を踏まえて進めることによって中学生になるまでには4つのスキルをバランスよく身に付けることができます。 

 

Img_0082 Matthew's PHRASE OF THE DAY 

 

   

 ( 英会話G-KIDS 箕面市小野原英会話教室・Gimme5 吹田市佐井寺英会話教室マシュー先生の今日の一言)

           http://www.g-english.net 

 

 

What does that mean?

  それどういう意味?

 ( 言葉の意味を聞くときに使います。)

 

What do you mean by that?

それ、どういう意味で言ってるの?

(言い方によっては相手を問いただす言い方にもなります) 

 

 ランキングに参加しています。

 下記のマークたちのクリックお願いしまーす! 
  
にほんブログ村 英語ブログへ 
 
         


Banner2_2

  気ブグランキングへ

Thank you so much!! 

G-KIDS

  箕面市小野原英会話教室

     お知らせ  

     2.5歳半~3歳のクラス

     中学生クラス、中学準備コースなど

     が4月より新規開講。

  茨木市美穂ヶ丘英会話教室

Gimme-5

  吹田市佐井寺英会話教室

ドナルド英会話

  茨木市彩都英会話教室

では春の無料体験レッスンを実施中です

お問い合わせは

箕面・茨木072-622-7606 

吹田・神戸06-7504-7076までそれぞれお願いいたします

  

Copyright(C)2008 G-KIDS. All Rights Reserved

                      

                                                

|

« 教材をそろえよう (2) | トップページ | 冬のクラフトを作ろう »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英語の学び方ー英語と英会話:

« 教材をそろえよう (2) | トップページ | 冬のクラフトを作ろう »