« ウィリアムの日本百名山旅行記 (11)ー100Japanese Mountains | トップページ | July 4th - アメリカ合衆国独立記念日 ’10 »

ウィリアムの日本百名山旅行記 (12)ー100Japanese Mountains

ウィリアムの日本百名山旅行記 (12)

121

PART  12

ONTAKE-SAN

1122

123

124

Up in the Kiso Valley to the west of the Central Alps sits a lone volcanic peak that has attracted mountain priests for centuries.  Ontake-san rises out of the surrounding scenery to just over 3000 metres.  It’s still alive, which was more than could be said for myself after I reached the top of the mountain in mid June, 2008.

I’d left work late Saturday afternoon for a weekend (Sunday/Monday) assault of the mountain.  By 10pm having caught a taxi from Kiso-fukushima Station I convinced the taxi driver to leave me in a deserted car park rather than agree to his suggestion that he take me to a ryokan further up the mountain road.  I was only going to be sleeping for five or six hours so I had no desire to pay for a bed – and besides I had my tent.  I was fine.

The following day I commenced the climb at 1400 metres and slowly made my way up through the forests cloaking the lower reaches of the mountain to the snowfields above.  I hadn’t hiked for 6 weeks and wasn’t as fit as I’d been the year previously and I think it all contributed to a slight case of altitude sickness.  As I neared the summit nausea hit me hard and I could barely walk fifty metres before requiring a rest where I would slip into a semi conscious dream state for a few minutes before dragging myself to my feet and plodding further up the trail.  I didn’t stay up top long and the further I descended the better I felt.  I thought I was the only hiker on the mountain that day but on my way down I met a chap who offered me a ride halfway back to Nagoya.   That night I made it back to Osaka on the last train and happily showered and crawled into bed.

125_3  

パート12

御嶽山

127                                           到着!

中央アルプスの西に位置する木曽渓谷の上方に何世紀も

山の神々を魅了した火山峰が、ぽつんと立っています。

御嶽山は3000m強の高さで、まわりの景色の中にそびえ立って

います。 2008年の6月中旬に、その頂上にたどり着いた時、

私は、まだ山が生きていると感じました。

土曜日の午後遅くに週末(日曜・月曜)の山へ突撃しました。

午後10時に木曽福島駅からのタクシーに乗り、私は

山道の先にある旅館へ行く方がいいと言った運転手さんに

誰もいない駐車場で下してもらうことを説得しました。

5,6時間寝るだけだったので宿代を払う気はありませんでした。

テントもあることだし。 大丈夫。

次の日1400mから登り始め、山の下方と上方の雪景色を覆い隠す

森の中を登って行きました。  6週間もハイクしていなかっのと、

1年前までほど鍛えていなかったので軽い高山病にかかってしまい

ました。  頂上に近づくと吐き気がひどくなり、休憩せずに50mも歩く

ことができなくなりました。 その都度半分意識がなくなり、必死で起き

あがり、トレイルを進んで行きました。  頂上には長くいず、降りるほど

に気分は良くなっていきました。 この日ハイクしているのは自分だけ

と思っていましたが下山しているときに、私を名古屋の途中まで

乗せてくれた人に出会いました。  その晩大阪への最終列車に間に

合い、シャワーを浴びることができ、ベッドへと潜り込みました。

 

Kicx17171_2 George's PHRASE OF THE DAY

  ( 英会話G-KIDS 箕面市小野原英会話教室、Gimme5吹田市佐井寺英会話教室ジョージ先生の今日の一言)

          http://www.g-english.net

 

Super!

すごい!

Wowie!

すごい!

 

お知らせ

無料体験レッスン実施中!

この期間のみの特典があります。 

詳しくは072-622-7606までお問い合わせください。

 ランキングに参加しています。

下記のマークのクリック、よろしくお願いしまーす。 

にほんブログ村 英語ブログへ


>

気ブグランキングへ

Thank you so much!! 

 会話コース(1.5歳~小6)

       ベビークラス(1.5歳~2.5歳)

       プレイタイムクラス(2.5歳~4歳)

       幼稚園児クラス(4歳~6歳)

       小学生クラス

       中学生クラス

 フォニックスコース(4歳~小6)

各教室では無料体験レッスンを実施しています

特典がありますのでお問い合わせください。

G-KIDS

  箕面市小野原英会話教室

     

  茨木市美穂ヶ丘英会話教室

Gimme-5

  吹田市佐井寺英会話教室

ドナルド英会話

  茨木市彩都英会話教室

 

 

    

  

お問い合わせは

箕面・茨木072-622-7606 

吹田 06-7504-7076までそれぞれお願いいたします

 

 Copyright(C)2008 G-KIDS. All Rights Reserve

 

 

|

« ウィリアムの日本百名山旅行記 (11)ー100Japanese Mountains | トップページ | July 4th - アメリカ合衆国独立記念日 ’10 »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィリアムの日本百名山旅行記 (12)ー100Japanese Mountains:

« ウィリアムの日本百名山旅行記 (11)ー100Japanese Mountains | トップページ | July 4th - アメリカ合衆国独立記念日 ’10 »